旅日作家小草再次荣获2018年夏季 日本全国写真俳句 “秀逸賞”

附网址及评语

https://haikunippon.net/prize/2018ph-su.html

2018年夏季写真俳句

”秀逸賞“

白雲や富士に着せたい夏衣

千葉県柏市 小草

(評)深い緑が美しい夏山。そして、遥か遠くに富士山がどっしりと構えています。地上であれ、海上であれ、空の上であれ自然の眺めの美しさに変わりはありません。私たちはそんな自然の中で生きているのです。「富士に着せたい」のは冬ならば雪でしょう。「夏衣」ならば「白雲」と作者は言っています。富士山への愛情の籠った写真俳句として読み手を捉えます。