鱼贝类海鲜类生鱼片到底有没有寄生虫?看看《熊本日日新闻》怎么说…(中日双语)

熊本日日新聞社
 日本語
 ※熊本日日新聞社 アニサキスを殺虫する装置。循環させた塩水内で、魚の切り身に電流を流す(熊本大提供)
 熊本大産業ナノマテリアル研究所と水産加工のジャパンシーフーズ(福岡市)らの研究グループは、魚介類に寄生するアニサキスを大電流で殺虫する方法を開発したと発表した。魚身の鮮度を落とさずに刺し身を安全に食べることができるという。
アニサキスは長さ2~3センチの糸状でアジやサバなどに寄生。殺さずに魚を食べると激しい腹痛や嘔吐[おうと]、腹膜炎を引き起こす。アニサキスによる食中毒の報告は近年増加傾向にあり、県内では昨年2件報告されている。冷凍と加熱によって殺すことができるが、刺し身は冷凍だと品質が劣化し、販売時に「解凍」表示をする必要があり商品価値も下がる。
このため水産業界では新たな殺虫方法の開発が待たれていたという。新たな方法は、パルスパワーという技術によって瞬間的に1億ワットの電流を魚身に流してアニサキスを殺す。電流を流す時間が短いため魚身の温度上昇を抑え、鮮度を保つことができる。
実験では、アニサキスを仕込んだ千匹分のアジの三枚おろしに大電流を流し、全てを殺すことできたという。ナノマテリアル研究所はパルスパワー技術の応用などを研究している。ジャパンシーフーズは今秋、新技術で処理した刺し身を試験的に出荷する予定。同社は「水産業界にこの技術を広め、日本人が大切にしてきた生食文化を守りたい」と話している。
イメージ図
中国語
熊本大产业纳米材料研究所和水产加工的日本食品公司(福冈市)等研究小组宣布,他们开发出了利用大电流杀死附着在鱼贝类上寄生虫的方法。据说可以在不降低鱼贝类新鲜度的情况下安全地食用生鱼片。阿尼萨基斯是一种长2 ~ 3厘米的丝状的附着在竹荚鱼和青花鱼等鱼贝类上的寄生虫,如果不进行寄生虫灭杀而食用,会引起剧烈的腹痛和呕吐,腹膜炎等。
近年来,因阿尼萨基斯引起的食物中毒报告呈增加趋势,县内去年有2起。虽然可以通过冷冻和加热来杀死此类寄生虫,但是生鱼片等如果是冷冻的话品质会变差,销售时需要标注“解冻”,商品价值也会下降。因此,水产业界一直在等待新的杀虫方法的开发。新方法是利用脉冲功率技术,瞬间向鱼贝类注入1亿瓦的电流,将其全部灭绝。因为电流的时间短,所以可以抑制鱼贝类的温度上升,保持鱼肉的新鲜度。在实验中,用大电流将装有阿尼萨基斯的三片竹荚鱼放入水中,将全部杀死。纳米材料研究所正在研究脉冲功率技术的应用等。日本食品公司计划今年秋天用新技术处理的刺身试验性上市。该公司表示:“希望将这项技术推广到水产行业,保护日本人所重视的生食文化。”